Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
被災者支援ネットワーク釧路の事業運営は、北海道新聞社会福祉振興基金,被災者受け入れ支援基金,公益法人コープさっぽろ福祉基金及び北海道NPOファンド助成金によって賄われています。
12月29日巷論
0
     

    釧路新聞 巷論
    平成23年12月29日掲載分

    「老いよりも怖いこと」

      忘却と飽きと無関心は大敵
     

     
     「老いほど怖い鬼は無し」と昔から言われてきた理由は、死期というものが年功序列で訪れることが約束されていたためだ。子が親よりも先に亡くなるなどは、とんでもない親不孝だ。しかし、本年は被災地に逆縁は多く起こったのだろうと想像するに易い。更に、福島原発事故以降、放射能の拡散が現実のものとなり、若年層への影響が懸念されている。核の拡散によって「死が順番に巡ってくるとは約束されない状況」を招いてしまったからだ。放射能に汚染された食材は、別な地域を経由することで産地を偽装されたり、加工によって判別が難しくなり、結果、日本中に汚染食品が流通するようになってしまった。長年に渡って蓄積される放射能による体内被曝や、外側からも積算される低線量被爆によって、今後、弱年齢層にどのような疾病が出てくるかと考えずにはいられない。実際に目の前にある命が病を得た場合でさえ、その関連性や影響を推察することも結果も見えずらい。チェルノブイリ事故以後の25年の間に出生率が激減したベラルーシのように、「生まれてくるはずだった命を放射能の被害者としてカウントすること」は更に難しいだろう。災害後、しばらくは飲料水や食品に気を配っていた関東エリアの友人知人も秋になると、まるで災害があったことをさえ忘れたかのように振る舞い始め、注意を怠って暮らし始めた。放射能汚染地図で警告を促されている地域でも子ども達はマスクの着用もせず、安く流通している食べ物を配慮無く与えられている。放射能への心配を「神経質すぎる」と揶揄する動きもあるが、その安易な認識は後々、更に深刻な問題を産むだろう。人類は様々な負の遺産を抱えてしまったけれど、放射能は一番手に負えない。見えない敵の大きさを理解する知的水準と想像力を要するからだ。殊更悩ましい問題から目をそらし楽をしようとする、まだあの大災害から一年も経っていないというのに、起こった現実さえ忘れようとする浅ましさよ! 老いよりも怖いことは忘却や飽きであり無関心である。年の瀬の巷論に、今年を振り返り「しんみりと涙で綴る気持ち」になどなれない。

     画家・美術講師 
     被災者支援ネットワーク釧路事務局長
     マシオン恵美香(ましおんえみか)

    posted by: マシオン恵美香 | 関連新聞記事 | 02:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    平成23年12月16日釧路新聞記事
    0
      JUGEMテーマ:ニュース

      -釧根2011回顧-取材ノートから
      支援者と心の絆−放射能から未来守る


      市民有志でネット
       「釧路では空気にも土にも触れる事ができる。日常がこんなに遠く感じた事はなかった」。東日本大震災に伴う福島第一原発事故から4ヶ月を経過した7月上旬、2人の子どもと一緒に福島県から釧路市に避難してきた30代主婦が漏らした言葉だ。子どもと一緒に市内の公園で遊ぶ姿が印象的だった。

       放射能の影響から避難した妊婦と子どもを支援しようと、釧路市内の有志が4月に「被災者ネットワーク釧路」(菊池桂子代表)を立ち上げた。同ネットは釧路管内での滞在希望者を募り、自宅などで一時滞在を引き受けてくれる支援者を紹介した。その結果、8月中旬まで受け入れた人数は47人に上った。

       10月には、福島県から避難した30代の夫婦に新しい命が誕生した。2人は元気に泣く女児の頭をなでながら「多くの人の支援で無事出産する事ができた。不安はまだ消えないが、子どもを育て上げたい」と喜びを胸に新たな人生の一歩を踏み出した。

       一方で、原発事故で離散した家族の現実も目の当りにした。避難してきた人、その場に残った人。両者の思いは原発事故で切り離されたままだ。弟子屈町で一ヶ月滞在した福島県から避難した20台主婦は「避難してきても、その場に残っても家族間の衝突がある」と苦しい胸の内を明かした。

       8月下旬、釧路市内の60代の女性のもとに、受け入れた滞在者から一通の手紙が届いた。「子どもたちの未来を考えると私たちにやってやれることは何か、答えのない日々」と不安な心境を吐露する文面がつづられていた。女性は「いつでも帰る場所はあるよと言いたい」と手紙を大事そうに手にしながら語った。

      「人生の親戚」出会う
       事故から9ヶ月が経過した今も原発問題は収束していない。「(原発事故で)こんな出会いは無いほうが良かった。でも釧路に避難してきた人は『人生の親戚』だと思える」。同ネットの助けたい思いが結んだ"絆"が避難した子どもたちの明るい未来につながる事を願っている。(真貝恒平)

      平成23年12月16日釧路新聞記事より
      posted by: 被災者支援ネットワーク釧路 | 関連新聞記事 | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      給食の放射能測定を!
      0
        こんな新聞記事もあります。石狩市の事例です。
        「放射能測定を外注すれば?」と提案したいです。(事務局マシオン)

        給食食材の放射性物質 
        安全確保に悩む自治体 独自検査 
        財政の壁 産地絞れば仕入れ困難

        (12/03 23:07)

        札幌市が給食の検査で使う北海道薬剤師会公衆衛生検査センターの検査機器。中央の透明のケースに検体を入れる

        札幌市が給食の検査で使う北海道薬剤師会公衆衛生検査センターの検査機器。中央の透明のケースに検体を入れる

         福島第1原発事故に伴う放射能汚染で、石狩管内の自治体は学校給食の安全確保に頭を悩ませている。札幌市は食材の独自検査を行う方針を決めたが、他の自治体は財政事情などから、そうした検査ができない状況。野菜などを道外産に頼らざるを得ない冬を迎え、保護者の不安が高まる半面、国が検査対象にする地域の食材を除外することも、産地の風評を広げかねない。

         給食の安全確保をめぐる国の対応は混乱している。「子供たちが教育の一環として食べており(暫定基準値の1キロ当たり)500ベクレルでいいのか」。文部科学省の森裕子副大臣は1日の記者会見でこう述べ、給食で使う食材の目安を1キロ当たり40ベクレル以下とすると明言した。しかし、2日会見した中川正春文科相は「40ベクレルは測定機器の検出限界の話で誤解だ」と撤回した。

         国の対応を待ってはいられないと一歩踏み出したのが札幌市。今月から1カ月に2回、食材のうち2検体程度の放射性物質の濃度を検査し、わずかでも検出されたものは使わない。代わりの食材を用意する時間がないので「例えばニンジン抜きのカレーを出す可能性もあるが、やむを得ない」(市教委)とする。

         ただ、独自に事前検査をする方針を打ち出したのは全道でも札幌だけ。「放射性物質濃度を検査する機器を購入するのは、財政難の中、難しい」(江別市)などの理由で石狩管内のほかの市町村は独自検査には踏み込めずにいる。

         一部の保護者からは、東北、関東など放射性物質が付着している可能性がある産地の食材を使わないよう求める声もある。

         これについて「仕入れ先の産地指定をすると、食材が手に入らず、給食調理に影響が出る恐れがある」とするのは千歳市。恵庭市も「調達面から産地から被災地を外すのは難しい。国の暫定基準値を信じるしかない」と話す。

         石狩市は悩みながらも東北、関東圏の17都県産の食材仕入れを避ける方針。これに対し、江別市は「東北の食材を入れないことは風評被害を助長することになる」とし、除外には否定的だ。

         ある教育委員会の幹部は「風評被害の側面と安全の問題、その両方を考えなければいけない。本当に難しい」と頭を抱えている。

        posted by: マシオン恵美香 | 関連新聞記事 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        平成23年12月3日釧路新聞
        0
          JUGEMテーマ:ニュース

          巷論〜こうろん〜
          釧路ブランドを守る
          給食に放射線測定機設置を

           過日、釧路で開催された木下黄太さんの講演会に網走からいらした参加者から「両親が経営する農場から、被災者および避難者の皆さんへ支援野菜をお送りします」とのうれしいお申し出をいただいた。
           
           「郵送費ぐらいは被災者支援ネットワーク釧路が支払います」と言うと、その運送費用もすべて含めた支援をしてくださるというありがたいお話。私はすっかりご好意に甘えた。そして数日前から、今度は夏に釧路近郊で保養した避難者の皆さんから「野菜が届いた」というお礼の電話やメールをいただいている。

           ついでだからと久しぶりに近況を語り合ったところ、すでに移住された方がいらした。あるいはまた、いまだ避難していない方は、すでに避難した友人知人たちにとがめられたり、それぞれが抱えている事情の違いがもとで親族と気持ちがすれ違い、ちょうど誰かに相談したいと思っていたと気持ちを吐露される方もいた。

           子どもを守るのは親の責任には違いない。けれど「痴呆の親を介護しながらローンで購入したばかりの新築の家の中で思いがまとまらず、結局は除染作業をして心の均衡をやっと保っている」というような方もいる。

           だったらますますそういう方々が繰り返し頻繁に保養できる場所を確保してあげなくちゃ、安全な野菜を送ってあげなくちゃ、と支援する志を強くした。子どもたちが大人になるまで見守るため、できるだけ活動を継続したい。だってあの日から私たちは人生の親戚になったのだもの。

           電話相談で初めてお互いの声を聴いたあの時から、メールで思いを打ち明けあった、あの日から!

          ところで、釧路ブランドの安全性と東北海道人の誠実さPRするため「非核宣言都市釧路」は直ちに環境の放射線測定データを頻繁に公表する事を約束してくれる事だろう。

           給食に関しても、就学児童を持つお母さんたちが不安な声で訴え始める前に、当然給食センターに測定器を設置し、安心、安全な食材の使用を約束してくれるものと信じている。

           過日の「全国放射能汚染マップ」に対応する「釧路ブランドを守る唯一の道」、それは「正直」なのだ。


          マシオン恵美香(ましおんえみか)
          画家・美術講師
          被災者支援ネットワーク事務局
          釧路市在住


          平成23年12月3日釧路新聞より
          posted by: 被災者支援ネットワーク釧路 | 関連新聞記事 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          学校給食の放射能検査 札幌市教委、来月から開始 
          0
             学校給食の放射能検査 札幌市教委、来月から開始 
            (11/
            26 10:34)
            > 札幌市教委は学校給食の食材について12月から、放射性物質の独自検査を始める。野菜を中心に道外産が増える冬場に、不安を持つ保護者の声に応える。道内では先進的な取り組み。食材が学校に納品される前日に検査し、調理前に検査結果を公表する。野菜を中心に道外産が増える冬場に、不安を持つ保護者の声に応える。道内では先進的な取り組み。食材が学校に納品される前日に検査し、調理前に検査結果を公表する。

            > 検査する食材は、国が放射性物質の検査対象としている17都県産の野菜や食肉などで、期間は12月から来年3月までの月2回程度。毎回、各食材のうち2検体ほどを抽出し、民間の検査機関で食材に含まれる放射性セシウムと放射性ヨウ素の濃度を計測する。

            http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/334124.html


            <事務局> 釧路市でも是非・・・!
            posted by: マシオン恵美香 | 関連新聞記事 | 03:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            中日新聞の記事「学校給食の放射能汚染値測定」
            0
              「甲賀市が学校給食を測定」

               甲賀市は18日、福井県内の原発で深刻な事故が起きた場合を想定し、同市水口町など市内3
              カ所の給食センターに食品中に含まれる放射線測定機を導入すると発表した。食品向けの放射
              線測定機導入は県内の市町村では初めてという。 

               市が導入を予定している測定機は、ヨウ化ナトリウムシンチレーションスペクトロメーターなどの
              測定装置。1台当たりの250万円程度という。

               このほか、市内の各保育園に簡易測定機18台を置くほか、防護服2000人分、安定ヨウ素剤
              4万3000人分を備蓄する。これらに約1990万円の緊急対策費を計上、専決処分した。 


               

              posted by: マシオン恵美香 | 関連新聞記事 | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              平成23年11月21日釧路新聞記事
              0
                JUGEMテーマ:ニュース

                平成23年11月21日釧路新聞記事
                巷論
                「放射能トラウマ?」悪意ある造語で脅かす勢力

                  釧路市は災害瓦礫の受け入れについて条件付きで可能性があるとしてきたが、これを撤回、総ての分類において災害瓦礫を受け入れない方針である事を発表した。
                  災害から8ヶ月の11月11日、泊原発の廃炉をめざす会は札幌地裁に泊原発の即時停止と廃炉を求め提訴した。13日の記念集会では釧路の朗報が紹介され、市民の意見によって自治体を動かし、大いに励まされる実例であるとし、道内への災害瓦礫受け入れを今後も断固拒否し続けようと呼びかけた。
                  ところで、11月7日は放射線防御プロジェクトの木下黄太氏が、10日には泊原発訴訟団代表・小野有五氏の講演が釧路で開催され、共に100名を超える市民が会場に押しかけた。この関心の高さは、知性的に現実を捉え、自らは何をすべきなのかを積極的に探ろうとする意識の高さを示すものであると思う。

                  大手メディアは相変わらず、お気楽な関東エリアの生活ぶりと福島復興に関連して「可哀想な人々の日常」を時々織り交ぜた番組を流しているが、全体的に核心に触れないムードが嘘くさく歯痒い。

                  テレビのバラエティー番組の多くは、あの大きな震災から1年も経たないというのに、それ以前と変わらず次元の低い笑いを垂れ流しているので視聴率が上がらない。若い世代はそれらに飽きてテレビを手放し、フェイスブックやツイッター、インターネットサーフィンによって、より現実的な情報を迅速に知ろうとし始めた。
                  ところが昨今、市民の知的欲求や良心に水を差し、翻弄しようと画策する意図のある発信者によって、情報がかく乱されはじめた。震災後、さらに深刻になっている放射能汚染や原発問題を論じる人々に対し、「過敏になり過ぎ子どもたちに放射能トラウマを植え付けることによる障害のほうが実際の健康被害より大きい」などという根拠の無いバッシングをし始めたのである。親が子どもの将来を憂い、自主避難や除染をしたり、日々の生活の中で気を配るのは当然なのに!
                  チェルノブイリ周辺では25年間に癌などの疾病の発生率が高くなる一方、出生率の激減が問題になっている。気の持ちようではどうにもならない。(マシオン恵美香)ましおん・えみか 画家・美術講師 被災者支援ネットワーク事務局、釧路市在住


                平成23年11月21日釧路新聞記事より

                posted by: 被災者支援ネットワーク釧路 | 関連新聞記事 | 11:51 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
                平成23年11月9日釧路新聞記事
                0
                  JUGEMテーマ:ニュース

                  原発放射能汚染
                  関東圏の健康被害報告
                  木下さんが釧路で講演会

                   東日本大震災による東京電力の福島第一原発事故後に放射能防御プロジェクトを立ち上げ、健康被害や汚染状況を調査している木下黄太さんの講演会「放射能汚染、どこまで広がる?〜現状とこれから〜」(同実行委主催)が7日、釧路市交流プラザさいわい(釧路市幸町9)で開かれた。

                   木下さんは調査結果を基に、全国で講演会を開き、放射性物質の危険性を訴えている。この日は約100人が参加。木下さんは土壌調査から局地的に高い線量になる「放射線ホットスポット」が関東圏に点在し、体の不調を訴える声が数多くあることを報告した上で、「健康被害の具体的なことは分かっていないが、明らかに被害が出ている」と述べた。

                   また北海道の汚染状況について「大きく被爆しているエリアは無い」としながらも、「風の影響で道内に放射性物質が流れ、今後も微少な健康被害はあり得る」と危険性を指摘。

                   「食料や水は安全なのか、徹底的に調査しないと安心して生活する事は出来ない。国や行政はもっと精密な調査に基づいた情報を提供すべき」と訴えた。

                  平成23年11月9日釧路新聞記事より
                  posted by: 被災者支援ネットワーク釧路 | 関連新聞記事 | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  平成23年10月30日北海道新聞記事
                  0
                    JUGEMテーマ:ニュース

                    被災者支援あり方探る〜釧路でフォーラム

                    【釧路】東日本大震災の被災者支援のあり方について考えるフォーラムが29日、釧路市民活動センターわっとで開かれ、市民団体や行政関係者が参加した。

                    被災者支援を行う団体を支援する北海道NPO被災者支援ネット(札幌)の主催。基調講演した北海道NPOファンド(札幌)の北村美恵子事務局長は「ファンドの被災者支援基金には500万円を寄付した人や毎月定額を寄付する人が現れた」など道民の関心の高さを指摘。

                    「助成を受けた支援団体は活動報告など情報発信する努力が必要。そこからさらに支援の輪が広がる」と強調した。

                    地元からは、釧路への被災者の支援を行う市民団体「被災者支援ネットワーク釧路」のマシオン恵美香事務局長が「被災地に赴く際には交通費の助成があるが、避難する場合は無い。制度をもう少し考えてほしい」などと課題を指摘。

                    参加者は各市民団体や行政が連携を深める必要性を確認した。(渡辺佐保子)


                    平成23年10月30日北海道新聞記事より
                    posted by: 被災者支援ネットワーク釧路 | 関連新聞記事 | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    平成23年10月28日釧路新聞記事
                    0
                      JUGEMテーマ:ニュース

                      震災がれき受け入れ
                      「可能」回答取り下げ
                      釧路広域連合 放射性の安全確保

                      東日本大震災で発生した災害廃棄物の受け入れ処理について、釧路市と管内5町村で構成する釧路広域連合は27日までに当初の受け入れ可能の回答を取り下げ、一切の災害廃棄物を受け入れない方針を釧路総合振興局に文書で回答した。環境省が示したガイドラインで放射線物質に汚染された廃棄物を完全に排除していない事が明らかとなったため。

                      放射線物質に汚染された廃棄物を除くと言う前提で、市は4月の段階で環境省に5200邸釧路広域連合は3200鼎亮け入れが可能と回答していた。

                      環境省は3月に各自治体や関係団体に対し、被災市町村の災害廃棄物の処理についての協力を要請。釧路市は4月時点で「放射性物質と汚染されたものを除く」という条件で「最終処分場での総埋立量5200鼎亮け入れが可能」と回答していた。

                      10月に環境省がまとめた災害廃棄物の広域処理の推進ガイドラインでは、処理の基本方針として(射性セシウム濃度が1銑津り8000ベクレル以下である主灰は最終処分場における埋立処分が可能∨篶作業者の安全も確保される濃度レベル−などと明記されている。

                      これを受け、市側はガイドラインに沿って受け入れした場合、放射線物質に汚染された廃棄物が搬入される可能性があり、当初の条件に反する事から「受け入れ可能」の回答を取り下げた。

                      災害廃棄物の受け入れをめぐっては、9月の議会で市民団体の脱原発ネットが東北地方被災地の放射能汚染がれきを持ち込ませない事を求め、陳情して採択されていた。

                      市民環境部の小林強部長は「安全を確保するために市として態度を明確にし、回答を取り下げた」と話している。(三坂郁夫)

                      平成23年10月28日釧路新聞記事より
                      posted by: 被災者支援ネットワーク釧路 | 関連新聞記事 | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |