Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
被災者支援ネットワーク釧路の事業運営は、北海道新聞社会福祉振興基金,被災者受け入れ支援基金,公益法人コープさっぽろ福祉基金及び北海道NPOファンド助成金によって賄われています。
「放射能からいのちを守る全国サミット」
0
     今日は「ソカイノワ」からの情報を転載します(事務局マシオン)

     これまで何度か「放射能からいのちを守る全国サミット」
    ( 福島市)のことに触れました。
     その二日目、2月12日(日)に、文字どおり全国から、北海道から沖
    縄までの50近い団体が一堂に会し、それぞれがブースを出し、大避難
    相談会を実施します。

     この避難相談会は、きわめて重要な意味をもつと考えています。
     政府の安全キャンペーンのせいと、時間経過の必然性とによって、被
    曝地からの避難や疎開は、もはやタブー化してきています。高濃度汚染
    地帯においてさえそうです。あるいは、気にしないようにして、感覚を
    摩滅させて生きていくしかないような状態に置かれています。

     この2月の相談会で避難や保養や移住の動きがある程度生まれなけれ
    ば、3.11で一年が過ぎ、そして4月の新年度が始まってしまい、これま
    で動けなかった人たちは、ますます動けなくなってくるでしょう。つま
    り、移動の流れをもう一度つくりだすには、この春休み・年度末という
    のは、ある意味、「ラストチャンス」かもしれないのです。
     危機を好機に。春休みということは、キャンプなどへの参加のチャン
    スです。年度末ということは、新年度から転校・引っ越しするチャンス
    です。だから、この2月というタイミングでの避難・保養の相談という
    のは、3月、4月の動きをつくりだすうえで、決定的に重要です。この
    機会を逃したくはありません。

     そこでお願いです。ブログやFBやmixi、メルマガ、MLなど、情報発
    信の手段をおもちの方は、以下の案内を、転載・転送していただけない
    でしょうか。
     そこから一人でも多くの、不安をかかえている人びとに情報が伝わり、
    相談会の会場に足を運んでもらうことができるようにと願っています。

     どうぞよろしくお願いします。



    (以下、転送・転載、大歓迎)

       *   *   *   *

    「放射能からいのちを守る全国サミット」(2月11・12日)がいよいよ
    迫ってきました。(詳細はこちら:http://inochizenkoku.blogspot.com/


    【40を超える支援団体が結集!】

     その二日目12日の11〜15時は、避難・疎開・保養についての大相談会
    となります(会場は福島市のウィズもとまち&チェンバおおまち)。
     避難・疎開・保養と言っても、週末保養や春休みキャンプから、移住や
    子どもだけの疎開まで、さまざまなカタチの情報提供や受け入れ相談があ
    ります。

     北海道から沖縄まで全国から40を超える支援団体が一堂に会して相談
    ブースを出すのは、初めてのことではないでしょうか。
     きっと繋がれる避難先や保養先が見つかります。
    (参加団体の一覧はメールの末尾につけます。今後は以下で最新情報を更
    新していきます。http://inochizenkoku.blogspot.com/p/blog-page_07.html

     ぜひ、ぜひ、いらしてください!
     いくつものブースをハシゴしてのぞいてみてください!


    【いろんなワークショップと交流スペース】

     さらに、法律相談、健康相談、気功、野菜配布、キルト展、切り紙ワー
    クショップなど、いろーんなブースが出されます。

     加えて!、「交流スペース」として、自由におしゃべるのできるカフェ
    もあります。まだ具体的な避難や保養の相談の前に、漠然とした不安とか、
    近所や職場で危機感を共有できない不満とか、あるいはこういう支援があ
    ったらいいなという要望とか、とつとつと吐き出したり、あるいはこんな
    こと知りたい、あんな情報ないだろうか、同じような立場の人はいないだ
    ろうか、などなど質問をぶつけたり。それともたんにダラダラお茶したり。
     そんな場所として使ってもらったらと思います。


    【延長相談も!】

     もし、15時まででは相談に行くのが難しいという方、いらっしゃいまし
    たら、「ウィズもとまち」の3階中会議室で延長相談を受ける予定です。
    15時で話が終わらなかった場合も、そちらに移動して続けることができま
    すし、求められるかぎり、話す場をつくっていきたいと思っています。
     だいたい17時ぐらいまでは扉を開いて待っています。なんとかこの時間
    までなら行けそうということなら、ぜひ足をはこんでみてください。



    (放射能からいのちを守る全国サミット、相談会担当:早尾貴紀
     連絡先:p-sabbar@mrg.biglobe.ne.jp




    【相談会ブース参加予定団体】

    札幌・むすびば(北海道)
    福島の子どもたちを守る会・北海道(北海道)
    あさひかわサポネット(北海道)
    大沼・駒ケ岳ふるさとづくりセンター(北海道)
    みちのく会(北海道)
    ふくしまキッズ こども指導者(北海道)
    ふくしまキッズ 林間学校(北海道)
    母子週末保養プロジェクトちいさなたび(宮城)
    日本の森バイオマスネットワーク(宮城)
    毎週末山形(山形)
    福島の子ども保養プロジェクト(福島)
    ふくしま連携復興センター(福島)
    ハーメルン・プロジェクト(福島)
    ハッピーアイランド新聞&心援隊(福島)
    国際自然大学校(栃木)
    FoE Japan(東京)
    福島の子どもたちとともに・世田谷の会(東京)
    福島こども保養プロジェクト@練馬(東京)
    アースデー東京(東京)
    save the children(東京)
    コミュニティネットワーク協会(東京)
    福島子ども支援・八王子(東京)
    リトリート・ホリデー CTVC(東京)
    フェリス女学院大学ボランティアセンター(神奈川)
    リフレッシュ!@かながわ(神奈川)
    「福島の子どもたちとともに」川崎市民の会(神奈川)
    4月3日のひろば 福島〜山梨つながるネット(山梨)
    世界快ネット(山梨)
    フリーキッズビレッジ(長野)
    ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ(京都)
    大阪でひとやすみ!プロジェクト(大阪)
    街づくり支援協会(大阪)
    福島の子どもを招きたい!明石プロジェクト(兵庫)
    どろんこキャラバン☆タンバ(兵庫)
    子ども未来・愛ネットワーク(岡山)
    よもぎのアトリエ(広島)
    福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト(香川)
    四国の子ども疎開ネットワーク徳島(徳島)
    「絆」プロジェクト北九州(福岡)
    「ちむぐくる」石垣島(沖縄)
    日本YWCA被災者支援プロジェクト(全国)


    【健康相談】

    CRMS市民放射能測定所(福島)
    こどもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク(全国)
    自然育児友の会(全国)
    お産と地域医療を考える会津の会(福島)
    ひまわりの種まき隊(全国)


    【法律相談】
    福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(東京)


    【情報ワークショップ】
    CATWALK(東京)


    【個人ブース】

    高橋英一(北海道)
    宍戸隆子(福島→北海道)
    中手聖一(福島)
    小河原律香(福島→北海道→山梨)
    早尾貴紀(宮城→大阪・京都→山梨)
    森永敦子(福島→長野)
    山本明美(福島→京都)


    【チラシのみ配布】

    秋田・田沢湖疎開支援(秋田)
    移動保育プロジェクト(福島)
    福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト(東京)
    ゆったり里山体験@篠原の里(神奈川)
    手をつなぐ3.11信州(長野)
    ほっこり通信 from Kyoto(京都)
    み・らいず(大阪)
    オーガニックキャンプinひょうご(兵庫)
    おいでんせぇ岡山(岡山)
    被災者支援の会・SARA(沖縄)
    hahako(全国)
    mamatomama(全国)
    子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク(全国)
    (以上)--
    疋田香澄
    自分と子どもたちを放射能から守る若者ネットワーク
    疎開ネットワーク「hahako」 東京スタッフ
    子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク 福島支援部門
    09016635091
    posted by: マシオン恵美香 | 支援情報 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://kyuusai.naoyan.net/trackback/174
    トラックバック