Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
被災者支援ネットワーク釧路の事業運営は、北海道新聞社会福祉振興基金,被災者受け入れ支援基金,公益法人コープさっぽろ福祉基金及び北海道NPOファンド助成金によって賄われています。
普通の生活上映会
0
     3月31日に帯広上映会で吉田泰三監督にお目にかかってきました。また、上映会後の質疑応答コーナーで私も次の開催地として発言をさせていただきました。

     映画を鑑賞した感想ですが、想像していた内容とは全く違い、所謂震災直後の混乱した悲惨さは画面にはありません。 映像はむしろ淡々とした中にも、静かな切実とした人々の想いが伝わってくる仕上がりで、美しい福島を愛する優しい人々が、放射能がある新しい日常を生きている、その後の判断までの時間を、ただ寄り添うように共に過ごし、カメラを回している監督の想いも、また静かに描かれていました。
     是非、ご覧になっていただきたい映画です。

     私達が記憶するあの津波や地震など酷い現場とは違う、目に見えない被災をときに忘れそうになるほど、美しい田園風景、穏やかな里山の様子の合間に、検問やホールボディーカウンターー、子どもが外遊びをするときの時間制限などといった形で、「新しい日常」、現在の福島の「普通の生活津」がそこに描かれているのです。

     そして、私達が出来ることは何でしょうか?
     映画をご覧になった皆さんが、福島を自分のことのように引き寄せ、何をしたら良いか考えていただきたいと思います。

    4月22日(SUN)10時〜13時〜
    釧路市国際交流センター2階視聴覚室

    午前10時から80分の映画の後、吉田監督のトークライヴと質問コーナー

    3部構成のパネルディスカッション

    1 監督+来場者
      +福島からの自主避難者 大竹利枝さん(網走)

    2 市民測定所の必要性+給食問題の話題でトーク
      +余市の安齋由希子さん
    (Shut泊・差し止め訴訟原告・農家)
      +山本農産さん 網走(被災者支援と給食問題)
      +弟子屈で給食問題に取り組む方々
    +宮田まどかさん(釧路市議会議員)

    3 脱原発運動+瓦礫問題

      Shut泊代表・差し止め訴訟団長 泉かおりさん
      +脱原発ネット釧路 岸本聡さん
      +加工・販売業者 十勝ビオギフターズ本間辰夫さん
    +平賀貴幸 網走市議会議員
       (放射性物質が入った瓦礫を受け入れない北海道ネットワーク主催)

    午後1時から2回目の上映会
    チケットは前売り券 1000円 当日1200円

    ※当日のお手伝い、給食問題、瓦礫問題に
    取り組む参加者を、募集中です♪
     拡散、宜しくお願いします。

    posted by: マシオン恵美香 | イベント | 13:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://kyuusai.naoyan.net/trackback/185
    トラックバック