Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
被災者支援ネットワーク釧路の事業運営は、北海道新聞社会福祉振興基金,被災者受け入れ支援基金,公益法人コープさっぽろ福祉基金及び北海道NPOファンド助成金によって賄われています。
東北海道保養支援プロジェクトの活動に対するお願い
0
     東北海道保養支援プロジェクトの活動に対するお願い

    私たちは、福島第1原子力発電所の事故を踏まえて、放射性物質による内部被ばくや外部被ばくの問題などに不安を抱えているお子さんのある家族の支援を行うために活動を開始した市民団体です。

    現在も、現地では食料を含めて不安な状況があります。特に感受性の強い子どもたちについては、屋外での活動も制限され、食品にも気を使う状況です。疎開や転地療養の必要性も指摘されていることや、精神的な負担から解放され、安心して過ごせる時間を確保するためにも、継続的な支援が必要な状況は今も続いています。

    私たちはこの度、せめて夏休みだけでも安心で安全な東北海道に来ていただいて、安心して活動できる環境を保障していくことや、東北を中心とした地域と東北海道との人と人との絆を結び、今後の人的交流や発展を期待し、「東北海道保養支援プロジェクト」の活動を開始しました。

    東北近辺から東北海道までは、福島空港⇔新千歳空港間の定期便と貸し切りバスでの移動を想定しており、受け入れ人数は60名を予定しております。

    また、旅費や2週間の滞在の間必要となる食費などの経費は基本的に自己負担をして頂こうと考えておりますが、可能な限り負担を軽減したいと考えており、「財政支援」「食材提供支援」「必要な物品提供支援」「車輌提供支援」「運営ボランティア支援」「事務作業支援」など、広く皆さまに応援を頂きたいと考えております。

    私たちはこうした取り組みを継続的に実施したいと考えており、そのためにも皆さまの応援は不可欠な状況です。

    私たちの思いと支援活動実施の必要性をどうかご理解いただき、ご協力を賜れば幸いです。

    実施時期 2012年8月12日(日)〜25日(土)

    受入れ予定人数 約60名

    受け入れ先 道東の数か所に分散して受入れ

    募金の使途 滞在費及び交通費の一部補助

    プロジェクトを運営するための事務経費

    必要となる支援 滞在中の食糧提供(道内産に限る)

    滞在中の消耗品等の提供(ティッシュ類など)

    滞在中の移動や買い出しに使用する車両提供

    日々の相談、運営の為のボランティアスタッフ

    事務作業をお手伝いしていただけるボランティアスタッフ

    連絡先 「東北海道保養支援プロジェクト」事務局長 吉田智美(網走市)

    080-6098-8142

    募金振込口座 口座名義「東北海道保養支援プロジェクト」

    ●郵便口座 記号19910 番号9661581

    ●他金融機関から振込の場合

    【店名】998【店番】998 普通)0966158 以上

    posted by: マシオン恵美香 | 支援情報 | 02:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://kyuusai.naoyan.net/trackback/189
    トラックバック