Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
被災者支援ネットワーク釧路の事業運営は、北海道新聞社会福祉振興基金,被災者受け入れ支援基金,公益法人コープさっぽろ福祉基金及び北海道NPOファンド助成金によって賄われています。
平成23年10月25日釧路新聞巷論
0
    JUGEMテーマ:ニュース

    巷論

    ニューメディア待望論 大学生呼びかけで講演会

    北海道教育大学旭川校教育養成課程3年伊藤螢さんの呼びかけがあり、放射能防御プロジェクト代表・木下黄太さんの講演会を道内4ヵ所で企画した。木下さんは国内各地の土壌の放射能汚染状況を調査、健康被害の実態を取材し汚染マップの情報を公開している。

    伊藤さんは「3月11日の地震で原発事故が起き、私の見ていたはずの世界は変わってしまった。人々が原発について意見を戦わせる理由がわからず、原発や環境問題に取り組む両親の話を聴いたり、図書館、講演会へ通い、インターネットなどを通して自分なりに真実を探ろうとしていた中で木下黄太さんのブログと出会った。講演会参加者は衝撃的な現実を突きつけられる事になるのではないか」と語る。

    大学生の伊藤さんは、講演会などを企画する事が初体験とも言う。震災後、すっかり元気を無くし、肩を落としている不甲斐無い大人が多い中で、健気に未来を切り開こうとしている若く知的な伊藤さんの潔さに打たれる。

    被災者からの紹介で講演を依頼しようと、予め木下氏との連絡を取り合っていた釧路も伊藤さんの呼びかけに勇気付けられて賛同し、開催地として名乗りを上げた。道内の講演会は11月7日の釧路開催を皮切りに、帯広、札幌、旭川と続く。(チケットは一般1000円。高校生以下無料)

    5日にはエコネット釧路が主催する「環境井戸端会議」、10日は泊原発の廃炉を求める訴訟団代表・小野有五氏の講演会や、29日には映画「チェルノブイリハート」の上映会など、釧路では環境問題、災害やエネルギー問題について考える催しが続いている。

    1年とたたないうちに大震災の影響やその後の厳しい現実を抱えて生きる人々がテレビ画面の中から消えつつある。本当に深刻な問題が実体化し、数値に変わっていくのはこれからなのに、まるで何も起こらなかったかのようにテレビ番組は明らかに嘘くさい表向きの綺麗事を繰り返している。

    若い世代や市民運動家たちは大手メディアの表層に出てこない真実、新しいメディアの待望論をも探り始めた。SNSに可能性を求めたいが、発言の信憑性や責任の所在は未だ不安定だ。

    (マシオン恵美香)ましおんえみか 画家・美術講師、被災者支援ネットワーク事務局、釧路市在住

    平成23年10月25日釧路新聞巷論
    posted by: 被災者支援ネットワーク釧路 | 関連新聞記事 | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    平成23年10月22日釧路新聞記事
    0
      JUGEMテーマ:ニュース


      放射能について考える
      来月7日木下黄太氏が講演会


      放射能防御プロジェクトを立ち上げ、脱原発などの講演活動を全国各地で行っている木下黄太氏の講演会が11月7日午後6時30分から釧路市交流プラザさいわい(釧路市幸町9)で開かれる。


      木下氏は、現在は名古屋市在住で同プロジェクトを立ち上げて、各地の土壌調査や健康被害の状況を調査するなどの活動を展開、食物汚染マップの作成にも取り組んでいる。

      道内での講演会は釧路のほか、帯広、札幌、旭川でも開催され、釧路が道内講演会の皮切りとなる。主催は同講演会実行委員会。

      同実行委員会は「現状問題として原発事故で放射能が降り注いでしまった。今後も放射能への関心と注意が必要で、講演会を放射能についてさらに考える機会としたい」と話している。
      参加費は1000円問い合わせは被災者支援ネットワーク釧路事務局0154(43)0697へ。

      一方、同実行委では同講演会開催に協力してもらうボランティアを募集している。
      内容は同講演会開催の準備や講演会当日の手伝いなど。ボランティアについての問い合わせと申し込みも同ネットワーク事務局へ。


      平成23年10月22日釧路新聞記事より

      posted by: 被災者支援ネットワーク釧路 | 関連新聞記事 | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      平成23年9月24日釧路新聞記事
      0
        JUGEMテーマ:ニュース

        震災乗り越え 新たな命誕生−福島から避難の大友さん夫妻
        釧路の産院で無事出産「明日への希望」支援者に感謝


         東日本大震災による東京電力福島第一原発事故を受け、産まれてくる子どもを放射能から守ろうと、福島市から釧路市に自主避難している大友道郎さん(38)、美穂さん(33)夫婦に新たな命が誕生した。
         放射能汚染の不安にさらされ、避難生活の果てにたどり着いた釧路。古里への思い、将来の見通しなど不安を抱えながらも、産まれてきたわが子を見守りながら、夫婦は「いつまでも後ろ向きではいられない」と、希望を胸に新たな人生の一歩を踏み出そうとしている(真貝恒平)

         19日午後1時。病院の分娩室に元気な泣き声が響き渡った。2920グラムの女の子。
         初めてのわが子の誕生に道郎さんは「妻がよく頑張ってくれた」と、今まで味わったことのない感情が込み上げてきたという。

         震災のあった3月11日、福島市の自宅アパートで激しい揺れに襲われた。美穂さんは妊娠4ヶ月。自宅は地震の被害は受けなかったが、東京電力福島第一原発で水素爆発が発生。同市の放射線量が一気に跳ね上がり、放射能汚染の懸念が広がった。

         「もうこれ以上、福島では暮らせない」夫婦は古里を離れる決意をし、3月下旬に新潟県湯沢町に避難した。避難先で道郎さんは短期雇用のバス運転手として働き始めた。次の仕事を検討しているうちに、妊婦と子どもを支援する市民団体「被災者支援ネットワーク釧路」(菊池桂子代表)の存在を知った。6月5日に来釧。同団体の支援を受け市内で新生活をスタート。道郎さんは期間が決められた釧路市の臨時職員として働き始めた。この4ヶ月間、道郎さんは多くの人の支援に感謝しながらも、胸の奥に葛藤を抱えてきた。「津波で家や家族を失った人を考えると、本当の被災者は自分たちではない」。自主避難でありながら、「被災者」という枠組みで接する人々に戸惑いを感じたという。そこには「いつまでも甘えていられない」という思いもあった。

         現在の職場も雇用期間が12月までで、その後の見通しは立っていない。「古里に帰れず、張り詰めた中で暮らしてきた妻と生まれてきた子どものためにも頑張りたい」と、新しい家族が加わり、道郎さんにも新たな心境の変化が出始めたようだ。美穂さんは母親らしい柔和な表情を見せながら「福島から避難してきたからこそ、健康な子を産みたいという一心だった」と釧路での生活を振り返る。

         事故から半年余り。夫婦は女児の頭をなでながら「多くの人の支援で無事出産することができた。不安はまだ消えないが、子どもを育て上げたい」と親としての責任を意識している。

         道によると8日現在、福島県から道内に避難してきた人は1888人でその半数以上は自主避難だという。このうち釧路市に避難した人は29人となっている。










































        平成23年9月24日釧路新聞記事より
        posted by: 被災者支援ネットワーク釧路 | 関連新聞記事 | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        2011年9月14日釧路新聞
        0
          JUGEMテーマ:ニュース

          2011年9月14日釧路新聞〜巷論

          非核三原則守る都市として
          放射性ごみ受け入れ拒否宣言を

           8月26日に緊急可決された「瓦礫撤去法案」に続き、細野環境大臣は4日の記者会見で「福島の痛みを日本全体で分かち合うことが国としての配慮だ」と述べ、一時的に高レベル放射性廃棄物の中間管理施設を造るとしても、最終的処理施設(貯蔵センターなど)は福島県以外に設けたいという考えを示した。
           そこで浮上するのは、それらの場所を一体どこにするのか。また、どの自治体が受け入れるのかという非常に深刻な案件。「放射能はつくられた場所から移動させるべきではない」と言うのが良識的で一般的な専門家の意見だ。

           今回の福島原発事故が放出した高レベル放射能の量と半減期の長さを考えると、福島県外持ち出すという案が最良にして現実的とは全く思えない。
           仮に拡散してしまう放射能を予見した上で、日本人全員が被爆することを覚悟し、痛み分けを了解した場合、その被害がどれほどまでに及ぶか、また人類の歴史を懸け数多くの場所で管理することが可能なのか否か、とても楽観的には考えられない。

           北海道は本州以南がどういう状態になろうと、食料基地として安全、安心を約束できる地でなければならない。
           加えて、一般産業廃棄物として「処理が追いつかないから」という理由でお土産のように割り当てられ持ち込まれる可能性がある大型ごみの受け入れ認可に関連し、今後は調査と産廃施設の監視が必要。
           政府の調査機関がそれらの放射能レベルを検知測定する能力が追いつかないためだ。そうでなくても海に流され続けている放射性冷却水の行方について日本中が震撼し、海産物の安全性に疑問と不安を抱くような状況が続いているのに、このうえ農業家が一生懸命育てた野菜までもが胸を張って売れないようなことになっては、北海道の1次産業は大打撃だ。

           また、消費者にとっても「安心して食べられるものがない」という切迫した恐怖感と隣り合わせになってしまうことだろう。
           この夏の保養後、被災地に帰られた方々には早速釧路のおいしい野菜をお送りし大変喜ばれている。

           日本中の未来の環境と健康を守るため、放射性ごみの各自治体への受け入れは断じて許せない。



          (マシオン恵美香) 
          画家・美術講師、被災者支援ネットワーク釧路事務局 釧路市在住

          2011年9月14日釧路新聞記事より
          posted by: 被災者支援ネットワーク釧路 | 関連新聞記事 | 13:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          朝日新聞9月10日の記事
          0
             9月10日 本日付け朝日新聞の記事

             6月5日に釧路入りした最初の自主避難者、
            大友さんご夫妻についての記事が出ました。

             出産予定日も近い・・・いよいよ秒読みです。
             おめでとう〜!!



            posted by: マシオン恵美香 | 関連新聞記事 | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            2011年9月5日釧路新聞記事
            0
              JUGEMテーマ:ニュース


              放射能不安抱え帰郷〜支援ネット釧路 資金難も今後を模索
              保養で受け入れ 福島近隣の47名


               東日本大震災による東京電力福島第1原発事故を受け、市民団体「被災者支援ネットワーク釧路」(菊池桂子代表)が放射能の不安が消えない福島県とその隣県の母子を支援しようと、7月上旬から夏休みの保養を受け入れた。その数は47人に達した。
               母親はマスクを着けず、外で遊ぶ子供たちの姿を見守りながら「つかの間の日常」を釧路の地で過ごし、8月末で滞在した人々はすべて、家族が待つ地に戻った。同ネットは資金面での問題も浮上したものの、中長期的な滞在に対応した活動も見据えている。(真貝恒平)


               同ネットは、事務局がインターネットのホームページで希望者を募り、電話やメールで相談を受けた母親に自宅などで一時滞在を引き受けてくれる同ネットの支援者を紹介した。その結果、8月中旬まで受け入れたのが47人に上った。
               釧路市内の60代女性は、自宅と経営するアパートを7月上旬から、福島県や千葉県から一時避難5組14人の母子のために提供した。亡き夫の父が福島県出身で「微力ながら何か役に立ちたい」と同ネットの活動に協力した。
               8月24日に最後の家族を送り出し、閑散としたアパートの一室を眺めながら、女性は「細かい対応までできなかったが、感謝の言葉を残して帰ってくれた」と話す。1ヶ月間、共に暮らし福島県に戻った母子の家族からお礼の手紙が届いた。
               手紙には「子供たちの未来を考えると私たちにやってやれることは何か、答えのない日々」と不安な心境を吐露する文面もつづられている。しかし女性は「いつでも帰る場所はあるよと言いたい」と手紙を大事そうに手にしながら語った。

               弟子屈町で8組21人を受け入れた喫茶店と宿泊施設を兼ねた「川湯ビレッジ」の代表、池上清子さんは「母親が原発問題について語り合うコミュニティーができた」と話す。
               母親たちが帰郷しても情報交換できるブログ「こもりのむら」を立ち上げた。ブログ名は子どもを放射線の被害から守る架空の村を想定しているが、母親たちが思い描く村は、池上さんと過ごした日々だと言う。「母子だけの移住は現実的には難しい。週末だけでも県外に避難できないか模索しています」。福島県に帰郷した主婦は久しぶりに家族団らんの幸せを感じながらも、揺れる母心をブログ上につづる。

               同ネットは福島県だけではなく、関東圏からも一時避難を受け入れた。「被災者」「自主避難」など国が設定した”線引き”ではなく「原発は福島だけの問題ではない」という思いがある。一方で民間団体では十分補えない資金面での問題が大きく立ちはだかった。
               菊池代表は「どこに暮らそうと一つの大切な命。避難した家族と受け入れに協力した支援者は皆、人生の親戚だと思える。中長期の滞在など今後どのような支援ができるか考えていきたい」と話している。


              2011年9月5日釧路新聞記事より

              posted by: 被災者支援ネットワーク釧路 | 関連新聞記事 | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              「巷論」釧路新聞8月27日掲載分
              0
                   「巷論8月27日掲載分
                 
                「安心釧路食材の定期便」
                 震災からもう随分経過したという印象。実際にはまだ半年も経っておらず、原発事故も収束を見ていない。放出され続けている放射能のせいで日本の東側がどれほど甚大な影響や損失を受けたのか計り知れない。

                 被災者支援活動も夏の母子保養に関しては、数日前、釧路市内に設けた被災者村から最後の二組が帰路についた。滞在した子どもたちは、のびのびと走り回り、お母さんたちは昨日まで他人だった人々と今日は親戚のように心を交し合って、しばしストレスから遠ざかる時間を得られたようだ。現地に戻れば放射能の除染作業に追われるだろうし、日々、放射線量を測りながらの生活が待っている。「安全な北海道で保養している間に、放射能が人体に与える影響や放射線量に関する認識を含め、落ち着いて勉強したい」との声が上がり、中学校理科教諭をお迎えして二度の勉強会を実施した。薄着の夏の間だけでもと放射能を逃れて疎開してくるほどの方々なので、基礎的な知識はすでにあり、質問の時間にはかなり専門的な質問が投げかけられた。
                 「北海道では蛇口から出した水道水をそのまま飲んでもいいの?」と訊ねられたり、道ばたで草を摘むこと、砂場でしゃがむことさえも母親の顔色を見る子どもたちの反応に驚かされることがあった。世界に放出されてしまった放射能の影響は決して気の持ちようでどうにかなるものではない。私たち大人は、もう現実を覆い隠すことを許されない。今後、若い世代の人たちは自らの命と健康を英知を以って守らなければならないのだから。
                 テレビの特集番組ほか、いくつかのメディアで被災者支援ネットワーク釧路と私の活動背景をご紹介いただいたお陰で、心ある釧路市民の皆様より滞在用提供物件や支援金をお寄せいただいた。すでに中・長期の滞在、移住を前提とした疎開についてのお問い合わせ・相談も始まっている。また、この夏、お迎えした方々とはこの後も長く丁寧に親戚としてお付き合いを続け、お子様たちが大きくなるまで見守りながら、お便りと共に釧路の野菜や海産物など安全な食材を定期便でお届けするお手伝いをしたい。

                 被災者支援ネットワーク釧路事務局
                 画家・美術講師 マシオン恵美香
                posted by: マシオン恵美香 | 関連新聞記事 | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                平成23年8月21日釧路新聞記事
                0
                  JUGEMテーマ:ニュース

                  福島近隣 放射能の恐怖から
                  妊婦・母子救いたい


                  東日本大震災による東京電力福島第一原発事故を受け、放射能の不安が消えない福島県とその近隣の関東圏の妊婦や母子を手助けしようと、市民団体「被災者支援ネットワーク釧路」(菊池恵子代表)が、夏休みの保養を受け入れている。視力に障害を抱えながら「一人でも救いたい」と4月に同ネットを立ち上げた菊池代表に結成の経緯、今後の展望について聞いた。

                  −同ネット結成の経緯について聞かせてください。
                  菊池 福島第一原発事故を受け、3月に札幌市で弁護士や看護士らによる「子供たちを被爆から守る会・北海道」(伊藤秀子代表)の呼び掛けに賛同したことがきっかけです。
                  看護士時代の友人から会の発足を知り、放射能の恐怖にさらされている妊婦や子供を救いたいと、釧路での窓口とホームステイを受け入れることを決心しました。「一人でも救うことができれば」と思い、ホームステイの受け入れも呼びかけました。

                  −立ち上げに賛同してくれた人へどんな思いを持っていますか?
                  菊池 看護士として病院に勤務していたころ、網膜に異常をきたす「網膜色素変性症」を患い、それが原因で50歳で看護士を退職しました。今も視野が狭く、日常生活でも苦労することがあります。目の病気がわかり、日常生活が一変しました。比べることはできませんが、放射能の恐怖で生活が変わった人たちと当時の自分が重なりました。「救いたい」思いと私の「目」となる賛同者が支えてくれたことが、実際に妊婦や母子を受け入れることにつながり、多くの支援者に感謝しています。

                  −福島県やその近隣から訪れた人と交流して感じたことはありますか。
                  菊池 6月から受け入れを開始し40人以上が釧路管内に1ヶ月ほどの予定で訪れています。滞在者の中には「あの原発事故が無かったら・・・」という気持ちが強く、不安が解消できずに古里に帰る母子もいます。原発は福島県だけの問題ではないというのが私たちの共通認識です。原発事故という不運な出会いでしたが、「一時避難者」ではなく、かけがえのない仲間として接することを心掛けています。

                  −今後の展望について聞かせてください。
                  菊池 初めての経験で、受け入れる費用などいろいろな問題に直面し、市民団体としての限界も感じています。国や行政から十分な支援を受けられない人を今後どうするか。中・長期型滞在を支援するためには、行政と民間が一体となった取り組みが必要です。子供たちにとって放射能の恐怖から開放された明るい未来になるように、市民レベルから活動を進めて行きたいと思います。


                  平成23年8月21日釧路新聞記事より
                  posted by: 被災者支援ネットワーク釧路 | 関連新聞記事 | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  北海道新聞夕刊記事
                  0
                    JUGEMテーマ:ニュース

                    安全な場所で育児を〜放射線不安の母子招待
                    釧路の市民団体が民泊企画 東北、関東から今月30人


                    福島第1原発事故による不安を抱える東北、関東の親子を手助けしようと、釧路の市民団体「被災者支援ネットワーク釧路」(菊池桂子代表)が、夏休み中の保養を受け入れている。8月中に約30人の母子が、釧路管内のボランティアの自宅などで過ごす予定だ。(坂本有香)

                    放射線量が局地的に高い地域があるとされる千葉県流山市の平友恵さん(39)と有田千寿さん(34)は、子どもとともに今月2日から3週間の予定で、釧路市の60歳代の女性が経営する市内のアパートに滞在している。

                    子ども達が通う幼稚園では、放射能の影響を懸念し、外遊びを取りやめている。久々に日光を浴び走り回る姿に、平さんは「一時的な避難でも、子どもたちを外で遊ばせることができて幸せ」。有田さんも「釧路は涼しく過ごしやすい。子ども達のリフレッシュになれば」と話す。
                    現在同じアパートには4家族11人が滞在中。一緒に食事を楽しんだり、公園に遊びに出かけたりと釧路の夏を満喫している。

                    被災者支援ネットワーク釧路は、釧路管内の主婦らが4月に立ち上げた。東日本大震災の被災者に加え、東北、関東で放射線量が安全とされる地域でも、子供の健康不安に対し、強いストレスを抱える母親を支援するのが目的。ホームステイ希望者はインターネットで募っている。
                    事務局のマシオン恵美香さんは「『少しでも安全なところで』という親の不安に寄り添っていきたい」と話す。

                    新たなホームステイ先も募集中。問い合わせは事務局0154−43−0697へ。


                    2011年8月12日北海道新聞夕刊より
                    posted by: 被災者支援ネットワーク釧路 | 関連新聞記事 | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    2011年8月4日釧路新聞記事
                    0
                      JUGEMテーマ:ニュース

                      被災者対象にバスツアー

                      【弟子屈】東日本大震災被災者弟子屈町緊急支援対策本部(本部長・徳永哲雄町長)が1日、被災者らを対象とした「弟子屈町体験バスツアー」を開いた。児童や保護者など18人が参加し、弟子屈ならではの観光メニューを楽しんだ。

                      観光交流会は、東日本大震災で被災し福島県や山形県、千葉県などから町内に避難している家族に、豊かな酪農・畑作地帯で、風光明美な観光地でもある町を知ってもらおうと、町教委が企画した。
                      参加者は、そば打ちやアイスクリーム作り、ラフトボートに挑戦したほか、アイヌ民族資料館で地域の歴史を学んだ。

                      この日は、町内で多くの被災者の滞在先となっている喫茶・宿泊施設「川湯ビレッジ」(跡佐登原野)で、交流会も行われ、ジンギスカンを囲み、なごやかなひとときを過ごした。小林俊夫教育委員長は「弟子屈町の魅力に親しんでもらいたいと被災者らに提案したところ、快く応じていただき、大変うれしく思っている。今後もさまざまな相談を受け、支援していきたい」と話している。
                      被災者を対象としたバスツアーは9日も実施する計画で、網走方面を訪れる。(山本雅之)

                      2011年8月4日釧路新聞記事より
                      posted by: 被災者支援ネットワーク釧路 | 関連新聞記事 | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |